院 長 の ご 挨 拶

 皆様、こんにちは。院長の 柏村 正明(かしわむらまさあき)です。
 私は北海道大学医学部耳鼻咽喉科に20年間在籍し、医療技術を磨くとともに「医療とは何か」を常に考えて参りました。 その中で、自分の思い描く医療を実践するには小規模のクリニックが最も適していると確信し、 札幌市東区に耳鼻咽喉科クリニックを開設いたしました。

 私は、クリニックでの医師の仕事というのは、ある意味では矛盾の職業だと思います。 なぜなら、病を患う方に来ていただかないとクリニックは成り立たない一方で、 来ていただいた方の立場になり、どうしたらここへ来なくて済むか、 を考えることが仕事だからです。 ただ、世の中から耳鼻咽喉科の症状を訴える方がいなくなることはありません。 そうである限りは、皆様にとって信頼できる良医であり続け、必要最小限の受診回数でお越しいただける方のご来院で成り立ってゆく、そんなクリニックを目指して努力して行きたいと思います。  
 私は、病気や治療法、あるいは人体の構造についてわかり易く説明できる、 ということは医療知識や手術技能と同様に大切な医療技術であると思い、 常に意識しながら自分なりに修練して参りました。 一般の方にも理解しやすい表現を用いて、疾患や治療の説明をして行きたいと思います。 また、同じ症状、同じ疾患でも、その方の人生観・生活スタイルによって治療、対処は変わります。 こちらの考えだけを押し付けることなく、十分にご本人と相談の上で最良の治療法を提供して参りたいと思います。
 一方、信頼できる他の医師や医療機関との連携がどのくらいあるか、 ということも医師の技量として大切なことだと考えます。 私は20年に渡る医療の仕事を通じて医師として、 また通常の生活において人間として友人として たくさんの先輩・同僚・後輩と強い連携を築いて来ることができました。 さらに実際に大学病院や市内・道内の総合病院に勤務したことによって、 内部の診療システムも十分に把握しております。 私のクリニックだけでは解決できない問題に関しては、 他の適切な医療機関と速やかなコンタクトをとり、 大学病院や総合病院などの最もふさわしい医師に、 できるだけ速く診察を受けられるように紹介・便宜を図りたいと思います。 また海外の病院においても研修をして参りました。様々な国の、 様々な価値観・宗教観を持った患者・医師と接することで 人間としての幅を広げることができたと思います。 この経験を元に、医療を提供する者として相手の価値観を尊重し、 思いやりを持って接して行きたいと考えております。 皆様の健康管理・疾病の治療に少しでもお役に立てれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

院長の略歴はこちら

トップに 戻る